バースプランを書いて出産の不安を減らそう!バースプラン書き方と具体例【出産準備】

出産準備

近藤さんです。

初めての出産で不安ばかりだった頃。わからないことがわからない状態で、また、未知の出産というものにものすごい恐怖を抱いていました。

しかし、バースプランというものを知って、自分がわかっていないことわかったり、自分の希望が明確になり、安心することができました!

そこで、今回は、バースプランを書いて出産の不安を減らそう!バースプラン書き方と具体例を紹介していきます。

スポンサーリンク

バースプランとは

その名の通りバース(出産)プラン(計画)という出産計画のこと。

と言っても、お産のことだけじゃなく、分娩のスタイル、陣痛中の過ごし方や、入院中の過ごし方、授乳に対する方針など、その計画内容は多岐に渡ります。

バースプランは産院から指定されたシートがあって共有する場合もあるし、わたしのように特になく、自主的に作成して先生や助産師さんに共有する場合があります。

スポンサーリンク

バースプランを書くメリット

上記にも書きましたが、わたしは初めての出産で不安な事が多かったです。

しかし、このバースプランを書く事で、出産に関するいろんな情報を得る機会となり、自分が何がわからなくて、何が不安なのかを知る事ができ、先生や助産師さんだけでなく、家族とのコミュニケーションにも役に立ちました。

また、タイミングとしては、産院を決める前に作成して、その計画に沿った産院を選ぶのもいいと思います。

スポンサーリンク

バースプランに書く項目

バースプランに各項目は大きく分けてこんな感じです。

分娩方法

自然分娩、予定帝王切開等こちらで決められないこともありますが、今は、無痛分娩・フリースタイル・自宅出産など色々な選択肢があります。

また、促進剤を使うかどうかも(早めに使って欲しい・できるだけ使いたくない)などを書きます。

立ち会い出産

立ち会い出産をどうするか、実母や夫だけや、立ち合いを望まない等も書いておきます。予め病院に伝えておくことで、陣痛で必死な時に気を回さなくて良くなります。

陣痛中の過ごし方

お気に入りのリラックスグッツを持ち込みたい、横になりたい、動き回れる環境が欲しいなど、陣痛がどんなものかも人それぞれですが、生理痛の酷いバージョンをイメージして(汗)自分だったらどう過ごしたいかを書きます。

入院生活の過ごし方

入院中の方針も病院によって違います。大きいのは母子同室がいつからか・・・というもんがあります。出産当日は助産師さんが預かってもらってゆっくり休みたい、当日から一緒に過ごしたいなど希望を書きます。

授乳方法の価値観

絶対に母乳で育てたい、混合栄養でスムーズに行いたいなど、個人の価値観によって大きく変わる部分です。何も言わないと病院の推奨している栄養指導になる事が多いです。

スポンサーリンク

バースプラン具体例

では、実際にわたしが書いた具体例を紹介します。

実際にわたしが書いたバースプラン

・分娩方法は、可能な限り自然分娩を希望する。

・赤ちゃんのタイミングを1番に大切にしたいので、必要がなければ促進剤の使用はしたくない。

・夫の立ち会い出産を希望する。

・他の人は入室させないで欲しい。

・具体的な指示や確認が欲しい。

めちゃくちゃシンプルで簡単なものでした(汗)

体験してみてあった方がいいと思ったバースプラン

・Wi-Fiの環境を確認したい

【追記理由】わたしは陣痛が微弱陣痛でかなり長かったので、ずっと動画を見て過ごしていました。お陰で、すぐにデータ残量がなくなったので、入院生活も含め確認しておくべきでした。

・陣痛中は、1人の部屋で休みたい。

・1時間に1回程度は様子を見て、客観的な状況を具体的に伝えて欲しい。

【追記理由】陣痛中結構放置されて、不安がいっぱいだったので、マメな回診やプロから見た様子やアドバイスをもらえたらよかったなと思っています。

・入院中は、できるだけゆっくり休みたい。

【追記理由】こちらも何が普通がわかりませんでしたが、赤ちゃんのお世話の指導や母体の健康確認以外で「今これ必要ある!?」というような斡旋業者のプチセミナーに参加させられました。絶対に必要でないこと以外は、今思えば赤ちゃんと過ごすか、寝ていたかったです。

・日常の赤ちゃんのお世話にについて丁寧に具体的に教えて欲しい。

【追記理由】わたしの入院した参院は結構適当で、助産師さんによって行っている事がバラバラ。初めてでわからない事しかないのに、余計にパニックになりました。友人に聞くと丁寧に指導してくれる病院もあったようなので、こう言ったことも書いておくといいなと思いました。

・授乳については、母乳育児には拘らない。

・負担のない程度で、混合栄養・ミルク育児に取り組みたい。

【追記理由】母乳も出るか出ないかはわからないので、拘らないことは伝えていましたが、産院の方針で、母乳プッシュがすごくて辛かったです(涙)

スポンサーリンク

バースプランを書くときのポイント

病院からのフォーマットに沿ってかける場合は、それでいいのですが、自分でいざ書こう!と思うと難しく感じるかもしれません。しかし、はじめはとにかく思いついたことをどんどん書き出してみることをお勧めします。

そして、その中から、パートナーや家族・病院に

・確認したいこと

・話し合いたいこと

・知って欲しいこと

と分けて共有していくと、スムーズです。

スポンサーリンク

バースプランを書くほんとうの目的

バースプランで書いた要望や希望は、全て可能なわけではありません。

また、何があるかわからないのが出産!なので、必ず実現できるものではありません。

しかし、大事なのは、あなた自身がどんな出産を望んでいるのかを知り、何がわかっていないなくて、何が不安なのかを知る事です。

あなたがバースプランを書いて、少しでも不安が減り、理想の出産に向けての準備が進めていけることを願っています!

最後まで、読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました